10月 11

腰痛マットレスで有名な高反発マットレスのモットンで腰痛改善

デスクワークで一日中同じ姿勢で座っているせいか、腰痛に悩まされているという方は、現在使用しているマットレスを見直すようにしてください。

寝起きの痛みが特にひどく、腰がこわばったようにかたくなっていて、立ち上がるときにズキズキするような方は、お使いのマットレスが体に合っていない可能性があります。

やわらかい、ふわふわのマットレスは心地よく感じますが、睡眠中に腰やお尻が沈み込むため、寝起きに腰痛になりやすいので、腰痛マットレスを使いましょう。

腰痛マットレスとは、腰痛を和らげる効果のあるマットレスのことです。

腰痛マットレスで有名なのは高反発マットレスモットンですが、これには高い反発力があるので、寝ているあいだに体の一部分が沈みこむことはありません。

体圧分散に優れ、睡眠中に体重を均一に支えられるので、腰に余計な負担をかけなくても済みます。

高反発マットレスは姿勢の矯正にも効果的

反発力が低いマットレスは寝返りしにくいので、寝ているあいだに血液の流れが悪くなることがあります。

血行不良は腰痛の原因になりますが、モットンのような高反発マットレスなら、寝返りをサポートできるので安心です。

睡眠中に血の流れが滞ることはなく、腰痛改善にも役立つので試してみるようにしましょう。

長時間腰が沈んだ状態で寝ていると、筋肉はその姿勢のままかたくなるので、腰が曲がったり、猫背になることがあります。

高反発マットレスには姿勢の矯正にも役立つので、背中や腰をまっすぐにしたい方にもおすすめです。

腰痛マットレスはどれが良いの?高反発マットレスの正しい選び方が参考になります。

3月 09

肩こりのは原因はストレートネックかも。枕の見直しもしてみましょう

現代日本では、肩こりに悩む方はかなり多くいます。

肩の症状に悩む方は国内で実に数千万人を超えると言われており、まさに国民病と言って良いものとなってしまっています。

そんな肩こりですが、原因には様々なものがあります。

ただ、その中でもかなりの大きく影響を与えているのが首の状態です。

詳しく言うと、首の骨が本来あるカーブを失ってしまい真っ直ぐな状態になること、いわゆるストレートネックと呼ばれる状態になってしまうことが肩こりに大きな影響を与えていると言われています。

首の骨はカーブを描いていることによって負荷を分散しているので、これがストレートネックになってしまうと負荷が周囲の筋肉にまで余計にかかってしまうようになり、肩や首のこりに繋がってしまうというわけです。

睡眠時の姿勢の悪さが原因かも

このストレートネック、スマートフォンなどの画面をうつむいて長時間見ていたりということがよく原因に挙げられますが、実は睡眠時の姿勢が悪いと悪化させてしまうこともあります。

具体的に言えば、例えばマットが極端に柔らかく沈みすぎてしまうものだったり、また枕が高すぎて首の動きを妨げてしまったりということがよくある話です。

そういった場合は今使っているマットや枕の見直しをすることで、状況が多少なりとも改善することもあります。

ストレートネックの治し方の一つとして、マットや枕の見直しをする。

これならすぐにできることですので、肩こりに悩む方は一度試してみてはいかがでしょうか。

ストレートネックと枕の関係|ストレートネックの原因・症状・対策が参考になりました。